気持ちに余裕を車のトラブルはささいなことから

車のトラブルがニュースでも取り上げられていますが、内容を見ていると、どちらかがトラブルのきっかけを作っていて、それに反応してぶつかり合った結果、トラブルに発展しているということが見受けられます。
また、一方的に攻撃されてトラブルに発展してしまうケースもあり、一概にはいえないところもありますが、トラブルに巻き込まれそうなときはどうしたらいいか、と考えた方も多いと思います。
通行を妨害するようなことをされた場合など、一方的に攻撃されているときには、安全な場所に停まって警察に通報する、というのが得策だと思います。
車であれば、ドライブレコーダーをつけている車も多いのでそういったものも証拠になります。
バイクなどでドライブレコーダーをつけていない場合は、ナンバーを控えておくといったことも証拠になるかもしれないので大切です。
車で走っていると、割り込みやあおり運転など、ついいら立ってしまう場面がありますが、相手にして自分が事故をしてしまっては大変です。
小さい子どもや家族を乗せているときは特に気になりますが、自分だけじゃなく、同乗者にも被害が出ることも考えたいです。
そうならないためにも、少し、気持ちに余裕を持って「自分は安全運転に専念しよう」という気持ちで日々運転をしていきたいと思います。ベルタ酵素 授乳中