作り置きをすることで、料理を作る手間を減らせます。

食事の用意をする際に、1汁3菜がいいと言われますが、何を作るか考えることと、一度に複数の料理を作ることが煩わしく感じていました。
そこで、思いついたのが、一日2品おかずを作る方式です。
1品目はメイン料理、お肉等、ご飯が進むものを作ります。
2品目は数日間に分けて食べれるように大量に作ります。
2品目の料理を前に作ったものと共に3つに区切られたプレートに盛り付けています。
3〜4日持つおかずをつくるのがポイントで、1汁3菜どころか、1汁4菜にすることも可能です。
1品目の場合によっては、2日にわたって食べることもできるので、より調理する手間を省くことができます。
さらに、プレートに盛り付けることで、食器洗いの手間も大幅に省くことが出来ます。
1週間に何のおかずをつくるか、あらかじめ計画することで、おかずを考える手間も省けて、
買い物もまとめ買いができるので、スーパーに行く労力や、ついで買いの誘惑も減るため、節約にもなっています。
忙しい家事の労力を減らすために役立っています。http://thecw.co/vio-kouka.html