電気工事のおかげで全然仕事にならなかった

この前、職場の電気工事があったのですが、その日は仕事にならなくてほとほと参ってしまいました。
事前に電気工事が入るというのは知らされていたし、業務には支障はないという説明でした。
しかし、実際に工事を行う業者さんが来てみると、オフィスの床下の配線をいじりたいとのことでした。
だとすると、机なんかをどかさなければいけないし、そうするとパソコンのLANなども外さないと具合が悪いですよね。
電気はそのまま使えたとしても、ネットワークに繋がっていなければ、パソコンを使って仕事も進められません。
でも、工事の業者さんに仕事が止まるので困るんですと言っても、相手だって依頼を受けて工事をしに来ているわけです。
なので、仕方なく邪魔なものをどかして、仕事にならないので、その日の午後は片付けだとか書類の整理に時間を充てることにしました。
こうした工事を手配したりしているのは総務だとかそういう部署だと思うのですが、一つや二つ文句を言いたくなるような気分になってしまいました。
「停電などはありません」と言っても、停電しなければ問題ないというわけではないと思わずにはいられませんでした。http://www.itolosa.co/mutu.html